人生の勝算 / 前田裕二

・コミュニティが深まる要素として、1)余白がある、2)クローズドの空間で常連客ができる、3)仮想敵を作る、4)秘密、コンテクストや共通言語を共有する、5)共有目的やベクトルを持つ ・スナックでは、お酒を飲むというモノでお客さんは来るのではな…

秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ / 与沢翼

・ビジネスする上で、ビジネスの潮流に乗る、在庫を持たない、価格決定権がある、24時間365日稼働、商圏の枠がない、ということを考える。 ・「夢手帳」を作る。 1)自分が「こうなりたい」と思っているイメージに限りなく近い写真(眺めているだけでそのき…

秒速で1億円稼ぐ条件 / 与沢翼

・有能な経営者は熱く語った大言壮語を現実化させる。それは、大きな器を用意するとそこに感銘した人が引き寄せられるから。ソフトバンクの孫氏も大風呂敷を広げたことが成功のきっかけとなった。 ・大ボラでも夢は熱く語れ、稼ぎたいなら金の匂いを感じ取れ…

メモの魔力 / 前田裕二

・ファクト⇒抽象化⇒転用 ⇒①インプットした「ファクト」をもとに、②気付きを応用可能な粒度に「抽象化」し、➂自らのアクションに「転用」する。 ★事実だけでなく、そこから抽象化し、転用することでさらに思考が深まる。 ・話が上手い人は、会話それぞれにタ…

【写真解説】アウシュビッツ強制収容所とは?

私は2019年の1月中旬にポーランドにあるアウシュビッツ強制収容所に訪れました。 まずは、アウシュビッツ強制収容所(以下、アウシュヴィッツ)とは何なのか?を説明したいと思います。 ■アウシュヴィッツとは? (写真:アウシュヴィッツ第二強制収容所=…

アウシュヴィッツを訪れて ~アクセスおよびツアー編~

この記事ではアウシュヴィッツへのアクセスおよびツアーについて記載していきたいと思います。 アウシュヴィッツ強制収容所(以下、アウシュヴィッツ)へ訪れる人のほとんどがポーランド南部の都市クラクフから行く人が多いかと思います。 クラクフ中央駅(K…

一生折れない自信のつくり方 / 青木仁志

・成功する前に成功したかのように取り組む。自信に言い聞かせる。例えば、鏡に向かって、「お前はセールスの天才だ」と。自分にプラスの言葉を打ち込んでいく。 ・成功している人と同じように考え、行動すれば、自分自身の自己イメージは高まり、それが大き…

一流の働き方 / 川北義則

・商売で成功するためには、常に相手の立場で物事を考えること。例えば、魚釣りの場合、魚はどんな状態のときに餌に食いつくのか、魚の立場で考えて、釣り方を工夫する。 ・人間関係において、人は誰でも人に好かれたいと思っている。しかし、好かれこと以上…

10年後、後悔しないための自分の道の選び方 / ボブ・トビン

・今の仕事に疑問を持ち始めたといことは、自分に合った働き方に近づこうということ。自分自身や自分のやりたいことを知るためのプロセスである。 ・最悪の決断は何も決めないこと。それは決断ではなく、現状維持という思考放棄である。 ・自信があるかのよ…

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

・これからの時代を楽しめるのは世界を舞台にできる人。 ・たとえ高品質のものがあったとしても、それを売る力がなければいけない。 ・日本人だからという理由で自動的に優秀であるということにはならない。世界に出て多くの人と出会うことで自分の立ち位置…

もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。/松浦弥太郎

・つまらない仕事をばからしく思うのは、人間の性かもしれないが、つまらない仕事が実は大きなチャンス。積み重ねることで貯金になって、いつか利息を生む。 ・心を開く。自分が心を開くことで、相手も心を開いてくれる。 ・やりたくないことは何か?を考え…

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカのコトバ/佐藤美由紀

・貧乏とは、欲が多すぎて満足できない人のこと ・余裕のある人には弱者を助ける義務がある。貧しい生活をしている人々の生活が改善されれば、我々の生活も良くなる。 ・人生はもらうだけでは駄目。まずは自分の何かをあげること。どんなにボロクソな状態で…

絶対ブレない「軸」のつくり方/南壮一郎

・「やりたいこと」を1000個紙に書き出す。 ・人生一度きり。やって後悔した方が、やらないで後悔するよりも100倍楽しい。 ・夢を叶えるためには何が不足しているかを知り、そこを埋めていく。 ・自分がやりたいことに対して、実現させるためにはどう…

市場を創る逆算思考/木瀬照雄

・「満足」と「感動」では大きな違いがある。 ・お客様からのクレームは宝の山だと思う。それがお客様との現在のギャップである。 ・開発では「何のために?」を考える。例えば、シャワーは何のために存在するのか等 ・何のために仕事をしているのか?を考え…

金持ち父さん貧乏父さん/ロバート・キヨサキ

・会社が必要としている技術を身に着けるために何かを学ぶのではなく、自分が学びたいことを自由に学ぶ ・お金がなくても、どうすればそれを買うことができるか?ということを考え、頭を働かせる。 ・お金がどのように動くかを理解し、お金のために働くので…

自分を最高値で売る方法 / 小林正弥

・自分を「商品」と見立てること ・人の高次の欲求を満たしてくれるのは「体験」による精神的欲求充足。外国で様々な人と出会い、交流し、成長するというのが楽しい。また、新しい体験ができないと自分という商品価値が磨かれない。 ・何にコミットすること…

日経新聞マジ読み投資術 / 渡部清二

・日経新聞は3つの視点を持って読み込む。 1)新聞に「何が書いているか」を理解する ⇒記事の背景やマーケット規模がわかる数字を読み取り、記事の内容を理解する 2)自分の考えをまとめる ⇒記事から読み取った事実とは別に、「私はこう思う」という付加価…

インディペンデントな働き方 / 藤井孝一

・インディペンデントな働き方とは、自分のやりたいことをやってお金を稼ぐ働き方。そのための第一歩は自分のやりたいことを見つけること。成功しそうなことや稼げそうなことを我慢してやっても、結局はサラリーマンと同じこと。成功しそうなことや稼げそう…

日経新聞の読み方<第1弾>

1)日経新聞の朝刊の1面で気になったトピックを一つ選ぶ 2)トピックから想起されること、知っていること、疑問に感じることをA4ノートに記載する 3)2)の後に、記事を読み、どういった内容が書かれているかをポイントを押さえて記載する 4)読み終えた…

バカとつき合うな / 堀江貴文・西野亮廣

・我慢癖が自然と身についていて、それゆえに本当にやりたいことを自分自身で見えなくしてしまっている。今日常的にやっていることで、やりたくてやっていること、やりたくないけどやっていることの境目を見るようにしよう。そして、「やりたくてやっている…

独学術 / 白鳥春彦

・少しずつでもいいから難しそうな本を継続して読むことで、以前の自分より成長していることがわかるだろう。 ・辞書、辞典、地図等、難しい本を読むときに備えておくと、その本の内容が理解できるようになる。 ・あるテーマについて自分で調べてみる。 ~所…

考えたら負け / 堀江貴文

・今日という日に絶対達成すると自分で決めたことを着実に実行していく。「頑張ればなんとか達成できるかも・・・」というくらいの目標を立て、それを来る日も来る日も繰り返す。明日や遠い未来のことは考えない。 ・今、ここに集中して、必ず上手くいくと思…

TIME181112 Beyond Hate

P.31 <The rise of right-wing terrorism> One irony of the tree of life synagogue killings is that Jews have never been more accepted. A Pew Research Center poll last year found that Americans feel more warmly toward Jews than any other religious group. It’s clear we are a l</the>…

DECISION MAKING 自分で決める。 / 権藤優希

・人は行動しているうちにモチベーションが上がる。元マラソン選手の高橋尚子選手でも、朝起きたときは「あー今日も練習かー」と思う。しかし、練習が終わるころには今日も練習してよかったとなる。小さなことから始めて、少しずつエンジンをかけていく。 ・…

定年まで待つな! / 成毛眞

・プライドを捨ててダウングレードする ⇒大手企業の中で従業員の一人としてやっていくのであれば、中小企業でのトップを目指してみる ・海外で売っていないものを日本から販売してみる ~所感~ 先日100分の1のスキルを3つ持っていたら100万分の1になれると…

運のいい人が心がけているちょっとした習慣 / 菅原圭

・運の良い人になるには素直になること。そうして一日一日を生きていく。そうした毎日を続けていけば、1年後でも今とは大きく異なっている。 ・いつも上機嫌を保つ。朝起きたら「今日は良い一日になりそうだ」と自分に話しかける。 ・大きな声で、はっきり話…

20代仕事の原則 / 古川裕倫

・勤務時間中に自分を高めるという意識を持ち、仕事の時間を効率的に使う。 ・読書の際は、自分の考えや行動と本の内容とを比較しながら読み進めることが大切。 ・小さなことの積み重ねがやがて大きな成果や発展に結びつく。積小為大。 ・仕事であれ、私生活…

(9)経験が自信につながる

今回は「自信」について記載したいと思う。 何か学びたい、成し遂げたいということを思うことはないだろうか? 例えば、語学学習。英語を話せるようになりたい! 何をするにも、自然と身に着くということはなく、努力しなければいけない。「1万時間の法則」…

TIME181105 When War Comes Home

年間購読している米国雑誌TIMEを読み流すことが多いのでアウトプットの機会を設けたいと思う。 ※TIME:1923年に創刊した米国のニュース雑誌。世界初のニュース雑誌としても知られ、約200カ国2300万人が愛読する週刊ニュース誌 【目的】 ・英語力向上(読解力…

年収1億円になる人の習慣 / 山下誠司

・仕事は質よりもスピード。スピードは本気度と熱意の現れ。 ・早起きのメリット ⇒目的意識が明確になる、朝の1時間で昼の4時間分の仕事をこなせる、優越感や勝った感が自信につながる、理性的に考えることができる、2時間前出社となり、2時間残業より10倍高…